不動産の相続対策をご紹介

query_builder 2022/03/15
コラム
28

不動産を相続すると、相続税が発生する場合があります。
100万円単位で相続税が発生することもありますよ。
そこで今回は、不動産の相続対策について解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

▼不動産の相続対策
不動産の相続対策にはさまざなものがあります。
ここでは一例をご紹介していきます。

■贈与税の配偶者控除
結婚後20年以上経過している夫婦が対象です。
住居用不動産の贈与に限り2,000万円が控除されます。

■結婚・子育て資金贈与
子供や孫に、結婚や出産、子育ての費用を非課税で贈与できます。
ただし金融機関での手続きが必要になります。
また贈与を受けた人は、50歳を超えると再び贈与税が課税されることも覚えておきましょう。

■小規模宅地等の特例
小規模宅地等の特例は、土地面積が330平米の部分までの相続税評価額を、最大で80%まで減額できます。

■住宅資金贈与制度
住宅資金贈与制度は、住宅の購入費用として贈与を受けた場合に、最大で1,310万円まで課税を免除してもらえる制度です。

■現金を不動産に換えて相続する
現金を不動産に換えて(購入して)相続すると、相続税が抑えられます。
これは不動産の相続税評価額が現金よりも下がる傾向があるからです。

▼まとめ
不動産の相続対策には、さまざな方法があります。
今回ご紹介した以外にも数多くの方法がありますよ。
茨城県水戸市にあるタカクラ株式会社では、不動産売却をサポートしております。
「相続した不動産を売却したい」というかたは、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 市街化区域と市街化調整区域

    query_builder 2021/11/04
  • 不動産売却の手数料について

    query_builder 2022/08/01
  • 不動産売却で控除が受けられるって本当?

    query_builder 2022/07/15
  • 戸建ての不動産売却を成功させるには

    query_builder 2022/07/01
  • 不動産売却にかかる経費はどれくらい?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE