不動産売却にかかる税金について

query_builder 2022/08/15
コラム
41

不動産を売却した際には、得た所得に対して税金がかかります。
不動産売却後、慌てないためには事前に把握しておくことが大切です。
そこで今回は、不動産売却にかかる税金について解説いたします。

▼不動産売却にかかる税金について
■譲渡所得
譲渡所得とは、不動産を売却して得た所得を意味します。
譲渡所得にかかる税額は、以下の計算方法にて算出することができます。
まずは、譲渡所得と課税譲渡所得を算出します。

・譲渡所得=譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)
・課税譲渡所得=譲渡所得-(特別控除)

課税譲渡所得から税額を算出することができます。
・税額=譲渡所得×税率

■譲渡費用とは
譲渡費用とは、不動産を売却するために掛かった費用を意味します。
例えば、不動産に払った仲介料・売却活動にかかった費用・負担した印紙税などです。
また、土地を更地にするための建物解体費用・名義書換料なども含みます。

■取得費とは
取得費とは、不動産の購入代金をはじめ、これまで維持、修繕にかかった費用の合計を意味します。
具体的には、不動産の購入代金・設備費・リフォーム費・造成費などです。
また、借金の利子・登録免許税・不動産取得税・印紙税なども含みます。
取得費は、上記の合計から減価償却費の累計額を差し引いて算出することができます。
また、取得費が不明な場合には、概算取得費の特例で計算する方法があります。
詳しくは、不動産に相談してみましょう。

▼まとめ
不動産売却で得た所得にも税金がかかります。
また法令は変更になることもあるため、その都度、税理士・不動産といった専門家に詳細を確認するようにしてください。


NEW

  • 千三つ

    query_builder 2022/09/04
  • 市街化区域と市街化調整区域

    query_builder 2021/11/04
  • 不動産売却は誰に相談する?

    query_builder 2022/09/15
  • 相続の種類について

    query_builder 2022/09/01
  • 不動産売却にかかる税金について

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE