家族構成で見る家の間取りについて

query_builder 2022/10/01
コラム
44

新しい住まい探しのとき、「1人暮らしを始める」「結婚したから2人暮らす」「子供が生まれた」など、
家族のライフスタイルや変化によって、新しい住まいを探される方は多いかと思います。
その際に、家族構成に合わせて家の間取りや広さを選ぶことが多いのではないでしょうか。
今回は、家族構成に合わせて家を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

▼家族構成で家の間取りを選ぶポイント
■1人の場合
広い部屋だと掃除も大変ですし、仕事をしていたりで部屋を空けていることが多いので、1Rか1Kで十分です。

■カップルや夫婦2人の場合
カップルであれば、1LDKや2DKなぐらいの広さがおすすめです。
夫婦で2人暮らしの場合、今後子供が増えることを想定しているのであれば、最初から広めの2LDKや3LDKなどを選べば住み替える必要はありません。

■夫婦と子供がいる場合
子供がいる場合子供の年齢にもよって異なりますが、子供のが幼稚園や小学校低学年であれば子供は一緒の部屋で寝ることが多いので、
LDKの他に寝室の部屋と遊ぶ部屋があるのが理想なので、2LDKや3DKなどがおすすめです。
ですが、子供が中学生や高校生になると自分の部屋を欲しがるものですし、自立心を促すためにも個人のスペースは大切です。
狭くてもいいので、一人の空間で過ごすことができる部屋を確保してあげることが成長段階で大切なポイントになります。

■祖父母と住む場合
祖父母と住む場合、子供や若い世代とは生活スタイルが異なるため、
玄関やキッチン、お風呂は完全に別々にしたりなど、生活スタイルや自分たちの環境に合わせて選ぶ必要があります。
バリアフリー化された物件を選ぶのもポイントです。

▼まとめ
家族構成に合わせて家を選ぶ際のポイントについてご紹介しました。
家族構成で家の間取りは変わってくるので、自分たちのライフスタイルに合わせて住まいを選びましょう。

タカクラ株式会社では住み替えのご相談も承っており、丁寧にヒアリングを行いマンションや戸建てなど新たな住まい探しのお手伝いをしております。
ライフスタイルの変化や都合により住み替えを検討する際は、気軽にご相談ください。

NEW

  • 千三つ

    query_builder 2022/09/04
  • 市街化区域と市街化調整区域

    query_builder 2021/11/04
  • 不動産売却でかかる費用の相場は?

    query_builder 2022/11/01
  • 不動産売却の注意点について

    query_builder 2022/10/15
  • 家族構成で見る家の間取りについて

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE