相続した不動産を売却する際の税金対策

query_builder 2021/11/28
コラム
9

親から相続した不動産を売却する場合、どんな税金が発生するのかご存じですか?
今回の記事では、相続した不動産を売却する際の税金対策について解説していきます。

▼親から相続した不動産の売却にかかる税金
相続した不動産を売却する際は、次のような税金が発生します。

・登録免許税…土地の名義変更のために法務局に支払う
・印紙税…売買契約書に貼る印紙代
・譲渡所得課税…売却益に課税される

▼税金を安くする対策は?
売却時の税金を安くするには、以下の特例や控除を利用するのが良いでしょう。

■取得費加算の特例
相続税の申告期限から3年以内に売却することで、税金が安くなります。

■3,000万円特別控除
一定条件を満たすことで3,000万円までの特別控除が受けられます。

■ふるさと納税
ふるさと納税を利用するのも良いでしょう。
ふるさと納税とは、自治体への寄付金額から2,000円を引いた額が、翌年の住民税や所得税から還付される制度のこと。
自治体から返礼品がもらえるのもメリットです。

▼まとめ
親から相続した不動産を売却する場合は、登録免許税や印紙税、譲渡所得課税が発生します。
税金を安くするには、「取得費加算の特例」「3,000万円特別控除」「ふるさと納税」などを利用すると良いでしょう。
茨城県水戸市にあるタカクラ株式会社では、不動産売却に関する相談を承っております。
「転勤になったので家を売りたい」「ローンの支払いが厳しくなってしまった」といったさまざなお悩みも一緒に解決していきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 市街化区域と市街化調整区域

    query_builder 2021/11/04
  • 不動産売却の手付金とは?

    query_builder 2022/01/15
  • 不動産売却手続きの流れは?

    query_builder 2022/01/08
  • 不動産売却におすすめの時期は?

    query_builder 2022/01/01
  • 不動産売却の見積もり額(査定額)が決まる要因は?

    query_builder 2021/12/28

CATEGORY

ARCHIVE