コンセプト

経済的理由による不動産売却を水戸でサポートします

相続対策に関する不動産売却のご相談を水戸で承っています

お客様一人ひとりの売却理由やお気持ちを丁寧に伺うことに重点を置いている不動産売却の会社として、水戸を拠点に様々な不動産の売却や販売に携わってきましたので、不動産に関する悩みや不安を気軽にご相談いただけます。ご相談を受けたお客様に対して、無理に取引を進めることはございませんので「まずは、話だけでも聞いてもらいたい」「とりあえず査定をしてもらいたい」といったご相談も大歓迎です。

例えば、住宅ローンの支払いが苦しくなり、滞納が続いた場合の任意売却や相続対策での不動産売却にも水戸で対応します。

ローンが払えなくなったときの不動産売却を水戸でお手伝いします

「ボーナス払いで住宅ローンを返済していたが、業績悪化でボーナスが支給されず支払が厳しくなった」「無理してローンを組んでしまったので、もっと無理なく支払える物件に住み替えようか検討している」といったように、経済的事情で不動産売却を検討しているお客様一人ひとりに、適したプランを水戸でご案内いたします。雇用や経済状況が不安定な時代だからこそ、無理なく支払える範囲で住宅ローンを組むことが大切ですが、急な状況の変化により支払が難しくなるケースが少なくありません。

住宅ローンを6カ月以上滞納すると、住宅ローンを組んだ金融機関から債権回収会社や保証会社に業務が移行します。その後、任意売却を選択すると一般的な仲介と同じように住宅を売却できるため、競売より有利な条件で売却を進められます。

事務所から店舗まで水戸エリアのあらゆる不動産売却をお任せ

アパートやマンションから工場まで、あらゆるタイプの不動産売却のご相談を水戸で承っています。「親がやっていた工場を相続で受けたが、工場は既に閉鎖して使い道がなくて困っている」「親か経営していた事務所を所有しているが、今後どのように活用したらいいのか悩んでいる」など、お客様一人ひとりの悩みやご希望を丁寧に伺っています。例えば、工場や事務所などで使われていた不動産は新たに事業をスタートしたり、工場や事務所の移転を検討されたりしているお客様にとって設備や面積などの条件を満たしていれば大変魅力的な物件です。

これまでにも周辺エリアを中心に様々な不動産取引に携わってきた実績がございますので、より良い条件で売却先が見つかるようにサポートいたします。オフィスや工場の売却だけでなく移転もご相談いただけます。

お客様一人ひとりに丁寧に寄り添う不動産売却の会社を水戸で営業

取引を強く進めることは一切なく、お客様の個別の事情やお気持ちに配慮した不動産売却を水戸でサポートいたします。「妻が妊娠して仕事を辞めたら、住宅ローンの支払いが厳しくなってしまった」「転勤が決まり、今住んでいる地域に戻ってくる可能性は低いので、家を売りたい」など、お客様一人ひとり不動産を売るときの状況が異なりますので、個別の状況に合わせたプランをご提案することで、お客様が納得いく取引ができると考えています。そこで、お客様が不動産を売るときの悩みや不安、ご自身の現在の状況を気兼ねなくお伝えいただけるように、じっくりとお話を伺う時間を設けています。

地域に密着して営業活動を行ってきましたので、地域事情に配慮しこれまで培ったネットワークを活かし、満足いく取引ができるように手厚くフォローいたします。

気楽に不動産売却の相談ができるように水戸で無料査定に対応

「まだ売却するか決めていないが、今後のプランを検討するためにも査定額だけは知っておきたい」「他社と査定額を比較したいので、見積もりだけでも出してほしい」といったご依頼も気軽にできる不動産売却の会社を水戸で営んでいます。「見積もりや査定の相談をするだけでもお金がかかるのか」といったご質問を受けることがありますが、お客様が気軽に相談や査定をご依頼いただけるように、無料で対応しています。また、査定や見積もりを依頼したからといって、しつこく勧誘するようなこともございません。

現在は使っていない不動産だったとしても、すぐに売却することがベストな選択とは限りませんので、選択肢の一つとして売却をご検討いただけるように見積もりや査定を行い、お客様にとってより良いプランを一緒に考えていきます。

お客様に不動産売却に関連する情報を水戸より発信します

近い将来もしくはいずれ不動産売却を検討されているお客様に、役立つ情報を水戸から発信しています。空き家が社会問題化しており、今後高齢化が進むにしたがってますます空き家の数が増えると予測されています。また、空き家をそのまま放置しておくと、犯罪や火災などのリスクが高まってしまうことから、所有者が適切に管理することを強く求められています。そして、空き家を所有していると、固定資産税が高くなるため思っていた以上に管理による負担が大きくなってしまいます。

居住用として所有している戸建て住宅やマンションは固定資産税が低く抑えられているのですが、空き家の場合は、固定資産税額が高くなるのです。これらのリスクを踏まえて、所有している土地や建物の管理をご検討いただくようにお客様にお伝えしています。